協賛 Sponsor

セミナー

K2-2

オラクルと富士通で創るクラウドの未来
富士通国内データセンターから提供するOracle Cloud

2017年5月19日(金)10時~11時

日本オラクル株式会社 取締役 代表執行役社長 兼 CEO 杉原 博茂氏
日本オラクル株式会社 執行役員 クラウド・テクノロジー事業統括 Cloud Platform事業推進室長 竹爪 慎治氏
富士通株式会社 執行役員専務 香川 進吾

  • 会社紹介

    日本オラクルは、「No.1クラウドカンパニー」を目標に掲げ、広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォーム、ビッグデータから情報価値を創出する製品群の提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。「Digital AID (デジタル・エイド)by POCO (The Power of Cloud by Oracle)」をキーワードに、社会に貢献するクラウドカンパニーとして、お客様にメリットを最大限に活用いただけるよう推進しています。

  • 協業概要・ソリューション等

    「Oracle Database」のクラウドサービスに代表される「Oracle Cloud」を富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」と連携させ、お客様のITとビジネスに求められる高性能なクラウド環境を提供します。特に、富士通の国内データセンターに「Oracle Cloud」環境を設置することで「K5」とデータセンター内接続を実現し、エンタープライズ・システムで求められるクラウド環境を提供します。

  • 最近の協業トピックス

    国内で初めてオラクルのクラウドサービス「Oracle Cloud」環境を富士通のデータセンターに設置し、「Oracle Database Cloud Service」を含む「Oracle Cloud Platform」サービス群を提供致します。両社でお客様へエンタープライズ・システムで求められるクラウド環境を提供しております。更に、富士通は、「Oracle HCM Cloud」の社内利用を採用し、これを通じて得た知見やノウハウを、お客様へのサービス提供に積極的に活用します。

  • 資料

(注)内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
(注)記載されている会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ