協賛 Sponsor

セミナー

S14-1

クラウド時代の新たなデータ管理アプローチ「360度データ管理」とは
ベリタスと富士通で実現するハイブリッドクラウド環境のデータ管理方法

2017年5月18日(木)15時~15時50分

ベリタステクノロジーズ合同会社 テクノロジーセールス&サービス統括本部 セールスエンジニアリング本部 常務執行役員本部長 高井 隆太氏

  • 会社紹介

    ベリタスは、複雑な異種混在環境をサポートする、最先端情報管理ソリューションを提供しています。バックアップとリカバリ、ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)、情報ガバナンスなど、データ管理全方位の分野をカバーするのは、ベリタスだけです。現在、災害時の事業継続性対策や競争優位を目指すデータ活用のための情報インサイトなどを含め、Fortune 500企業の86%にご活用いただいております。ベリタスは、従来のデータセンターから、プライベート、パブリックを問わないハイブリッドのクラウドまで、あらゆる環境でデータ保護します。

  • 協業概要・ソリューション等

    富士通とベリタスは戦略的パートナーシップのもと、情報管理の分野で、両社の製品・サービスを組み合わせたソリューションをグローバルで提供しています。日本でも、富士通の「ETERNUS」「PRIMERGY」「PRIMEQUEST」にベリタスのバックアップソフトやストレージ管理、クラスタソフトを組み合わせ、富士通による一次サポートと共に提供するなど、深い協業関係を築いております。

  • 最近の協業トピックス

    富士通とベリタスは、先進のソリューションを求めるお客様へ20年以上にわたり最適なご提案を提供してきました。特に、2010年以来、富士通は国内IT企業として初のベリタス・グローバルパートナーとして、常に最新の情報管理テクノロジー・ソリューションをお客様にお届けしています。データの増大、仮想化技術の浸透、クラウドの利用促進により情報の管理の複雑さが増しつづける今日、ベリタスではクラウドサービスを含む富士通の最新技術にも対応、協業体制は一層強化されています。両社のパートナーシップに、ぜひご注目ください。

  • 資料

(注)内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
(注)記載されている会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ