協賛

セミナー

P2-1
パートナーセッション
複数のクラウドを徹底的に使いこなすテクノロジーとは?
プライベート& パブリック、「クラウド併用時代」の処方箋
2018年5月18日(金)9時10分~10時10分
詳しくはこちら
  • 会社紹介

    ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト)のソフトウェアは、世界中のデジタルインフラを支えています。ヴイエムウェアのコンピュート、クラウド、モビリティ、ネットワーク、セキュリティの各製品は、世界中で7万5,000社のパートナ エコシステムを通じて50万以上の顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤を提供しています。ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なイノベーションの歴史は今年20周年を迎えます。

  • 協業概要・ソリューション等

    富士通とヴイエムウェアは、仮想化環境・クラウドを構築するソリューションに加え、物理/仮想の統合運用を実現する管理ソフトウェアやサービスを提供しています。
    デスクトップ仮想化分野においては、富士通社内80,000人を対象にVMware Horizonを展開し、VMware NSXの活用により高いセキュリティと利便性を両立しています。
    また、クラウド分野における協業も進んでおり、2018年にはFUJITSU Cloud Service K5においてVMwareのソリューションの提供を予定しています。

  • 最近の協業トピックス

    ①仮想化ソリューションである「VMware vSphere」、「VMware Horizon」、「VMware vSAN」、「VMware NSX」の拡販・提供に取り組んでいます。
    ②「FUJITSU Cloud Service K5」や「V-DaaS」など複数のクラウドサービスにおいて、VMwareのテクノロジーを活用する事で、ミッションクリティカル環境においても、高可用性、且つ高信頼性のクラウドサービスを提供しています。
    ③自動車業界向けIoTソリューションの提供に向け協業を拡大しています。

(注)内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
(注)記載されている会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ