このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. 富士通フォーラム2013 東京 >
  3. セミナー >
  4. 基調講演・特別講演一覧

基調・特別講演 全セミナー セミナー 特別・共催セミナー 対象別 5月16日 5月17日

基調講演・特別講演

本フォーラムは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。
記載内容、リンク先などは2013年度開催時のものです。あらかじめご了承ください。

経済や社会の動向、国の政策、企業経営のあり方などについて、有識者や企業のトップの方々による講演を行ないます。また、当社役員より富士通の戦略をお話しさせていただきます。

基調講演

満席 K1-1

5月16日(木曜日)10時~10時40分

お客様とともに描く、これからのビジネスと社会
Reshaping ICT, Reshaping Business and Society

富士通株式会社 代表取締役社長  山本 正已

経済のグローバル化の進展や、スマートフォンといったデジタル機器の普及がもたらす新たなビジネスモデルなど、私たちを取り巻く環境は急速に変化しています。この変化をビジネスチャンスとするために、そして豊かな社会を実現していくために、ICTの力をどう活かしていくか、当社の取り組みを交えながらお話しします。

特別講演

K1-2

5月16日(木曜日)11時20分~12時10分

オラクルの「Device to Datacenter」戦略

オラクル・コーポレーション ワールドワイドISV & OEMセールス シニア・バイスプレジデント  クリス ベーカー 氏
(講師が変更となりました)
案内人 富士通株式会社 特命顧問  片山 隆教

「Internet of Things」と言われる時代が到来し、そのビッグデータの分析はビジネスのあり方を変えようとしています。本講演では、このような新しいビジネスチャンスをどう活かし、競争に打ち勝っていくべきかをご紹介します。

K1-3

5月16日(木曜日)13時~14時

国土交通行政の今後の展開について

国土交通省 技監  菊川 滋 氏

東日本大震災などの経験を踏まえた災害に強い国土づくり、社会資本の老朽化対策としての新たな戦略的マネジメントシステムの構築、インフラ整備の海外展開などの国土交通行政における今後の展開についてご紹介します。

K1-4

5月16日(木曜日)13時~13時50分

国際競争力をもたらす最先端のデバイスとコラボレーションソリューション

マイクロソフトコーポレーション エンタープライズパートナーグループ アジア バイスプレジデント  ギャリー コックス 氏
案内人 富士通株式会社 執行役員  松本 端午

マイクロソフトと富士通は、最先端のデバイスとコラボレーション機能革新に取り組んでいます。この取り組みによりもたらされる、コミュニケーション環境の向上、事業継続性の確保、BI環境を実現するワークスタイル変革と生産性の向上についてをご紹介します。

K1-5

5月16日(木曜日)15時~16時

夢を抱いてチャレンジする熱き心
サスティナブルな企業を目指して

大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長・CEO  樋口 武男 氏

高い志を持ち続ければ困難を克服できます。創業者のDNAを継承し、100周年に売上高10兆円の企業グループを目指しています。人材育成に重点をおき、何をすれば儲かるのかではなく、何が世の中に役立つのかで事業を興し新たな市場を開拓している、大和ハウスの取り組みをご紹介します。

K2-1

5月17日(金曜日)10時~11時

お客さまへのサービスとシステム
高い満足度を実現するために

ソニー銀行株式会社 代表取締役社長  石井 茂 氏

インターネット専業銀行でありながら、そのサービスについてお客さまから高い評価をいただいています。本講演では、当社の金融サービスについての考え方とシステムの関わりについて、経営として考えていることをご紹介します。

K2-2

5月17日(金曜日)10時~11時

NTTの新たな中期経営戦略
ビジネスの変革に向けて

日本電信電話株式会社 代表取締役副社長  片山 泰祥 氏

NTTはICTの進展に対応し、ビジネスの変革を進めていくため、中期経営戦略「新たなステージを目指して」を発表しました。グローバル・クラウド、ネットワークの効率化など、NTTの取り組みについてご紹介します。

満席 K2-3

5月17日(金曜日)11時40分~12時40分

ワタミの理念経営
ワタミグループの人間力・人材開発について

ワタミ株式会社 代表取締役社長  桑原 豊 氏

国内外でグローバルに理念経営を実践するための人材育成は、国境に関係なく「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」というスローガンのもと、ありがとうを集めるプロセスの中で育まれていきます。この理念に基づくワタミの取り組みについてご紹介します。

K2-4

5月17日(金曜日)13時~14時

データ利活用による価値創造

経済産業省 大臣官房審議官(商務情報政策局担当)  中山 亨 氏

データを新たな経営資源として利活用し、付加価値向上に繋げるのが世界の潮流となっています。我が国の産業競争力強化に不可欠なデータ利活用を進める上で、今後、官民が取り組むべき課題についてお話しします。

K2-5

5月17日(金曜日)15時~16時

物価安定のもとでの持続的な成長実現のために
政府・日銀・企業に求められること

キヤノングローバル戦略研究所 特別顧問、甲南大学 特別客員教授  須田 美矢子 氏

日本経済再生のための処方箋は10年以上前に示され、あとは実行に移すだけです。現在、日本は分岐点にあり、改革を後ずれさせる時間的余裕は残されていません。各々がすぐに取り掛かるべきことについてお話しします。

K2-6

5月17日(金曜日)15時~15時50分

インターネットですべてをつなぐ
新社会的価値創造

シスコシステムズ合同会社 代表執行役員社長  平井 康文 氏
案内人 富士通株式会社 執行役員常務  川妻 康男

世の中に存在するあらゆるモノのうち、インターネットに接続されているのは僅か1%に過ぎません。インターネットですべてがつながる世界と、それが創る新たな価値について、シスコ自身の経験を含めてご紹介します。

満席 K2-7

5月17日(金曜日)15時~16時

先進テクノロジーで挑むイノベーション創出
ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティの実現に向けて

株式会社富士通研究所 代表取締役社長  富田 達夫

社会の持続可能な成長、跳躍のために、ICT利活用による新たな価値創出が求められています。本講演では、社会の成長およびその先にある人が安心して暮らせる豊かな社会の実現に向けて、先進テクノロジーとその貢献についてご紹介します。

特別講演(対談)

KD1-1

5月16日(木曜日)16時55分~18時10分

実践知リーダーに見るこれからの人材力・現場力とは
「挑む力」の8つのプロジェクト事例より

一橋大学 名誉教授  野中 郁次郎 氏
株式会社日経BP 出版局 プロデューサー  田島 篤 氏

【対談】
企業を支える現場リーダーには、ビジネスの成長・革新といった経済価値に加えて社会価値の実現も求められます。これらに挑戦し、成し遂げる「実践知のリーダーシップ」の本質とは何か。具体例を交えながら、これからのICT業界に必要な人材像を解説します。
「挑む力」 : 困難なプロジェクトを現場で率いたリーダーたちの、挑戦し続け、成し遂げるための流儀を、富士通の8つのプロジェクトの物語から解き明かしたビジネス書。
「挑む力 世界一を獲った富士通の流儀」
共著 : 片瀬京子、田島篤 解説 : 野中郁次郎

KD1-2

5月16日(木曜日)16時55分~18時10分

顧客満足度ナンバーワン企業の秘密に迫る

ゲスト ネッツトヨタ南国株式会社 取締役相談役  横田 英毅 氏
インタビュアー 経営ジャーナリスト、元気塾 主宰  疋田 文明 氏

【対談】
ネッツトヨタ南国は、トヨタが系列販売会社の顧客満足度調査を始めて以来、これまで一度もNo.1の座を譲ったことがありません。新車販売でも脅威の実績を残しています。何がそれを可能にしたのか――同社の風土・文化誕生のプロセスをお話しいただきます。

KD2-1

5月17日(金曜日)16時55分~18時10分

子育て支援サービスで、独自の市場を開拓したポピンズの経営

ゲスト 株式会社ポピンズ 代表取締役 CEO  中村 紀子 氏
インタビュアー 経営ジャーナリスト、元気塾 主宰  疋田 文明 氏

【対談】
元アナウンサーが創業したベビーシッター派遣会社が、創業25周年を迎えた今、2000人の従業員を抱えるまでに成長しました。認可保育所から企業・大学内保育所へ、さらには介護ビジネスまで手がけるポピンズの経営は、業種・業態を問わず参考になると考えます。

特別講演(富士通の戦略)

満席 K1-6

5月16日(木曜日)11時20分~12時10分

日本発グローバルICTベンダーとしての富士通の取り組み

富士通株式会社 執行役員専務、海外ビジネス部門長  ロッド ボードレー

「真のグローバル化」を掲げる当社がお客様のビジネスを世界各地でどのようにサポートしているか、今後の新たなチャレンジも含めて具体的にお話しします。

K1-7

5月16日(木曜日)15時~15時50分

富士通のICTイノベーション

富士通株式会社 代表取締役副社長  佐相 秀幸
(講師が変更となりました)

ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティの実現に向けて、富士通が進める垂直統合型ビジネスを支える最先端のICT技術およびサービスとプロダクトへの取り組みについてご紹介します。

満席 K2-8

5月17日(金曜日)11時20分~12時10分

競争優位に導く、これからの情報システムの具体像
システムインテグレーション・ルネサンス

富士通株式会社 執行役員専務、システムインテグレーション部門長、IT戦略本部担当  上嶋 裕和

加速度的に複雑化するビジネス環境の中で、どのようにICTを活用し競争優位を導くか。ビジネス継続に欠かせない既存ICT資産が情報システム部門の重い枷となりつつある現実にどう向き合うべきか。これらの課題をお客様と共に解決するため、「これからの情報システム像」を示します。

K2-9

5月17日(金曜日)13時30分~14時20分

人や社会に貢献するICTの新たな挑戦
データ活用によるイノベーション

富士通株式会社 執行役員常務、マーケティング部門副部門長  川妻 庸男

我々が直面している社会やビジネスの課題解決には、既存のあり方の見直しと共に新たな領域への挑戦も不可欠です。本講演では、データ活用を中心にお客様と一緒に取り組んでいるイノベーション事例をご紹介します。

| 富士通フォーラム2013 東京トップ | ご挨拶 | イベント概要 | セミナー | 展示 | 会場へのアクセス | サポートが必要なお客様へ | スポンサー |

(注)内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
(注)記載されている会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。